コラーゲンの見分け方。

最も優れたコラーゲンを見つける為には、製品のどこを見ればよいのかをわかり易く解説しています。
優れたコラーゲンをお求めの方は、こちらのページを参考にして下さい。

優秀なコラーゲンの見分け方。

コラーゲンは、毎日摂取してこそ、効果を発揮するものです。

この為、まずは”安全である事”が最も大事なのです。

また、どんなに大量にコラーゲンを摂取しても、低品質のコラーゲンを摂取し続けても本来の効果を発揮する事は出来ません。

『価格』や『含有量』も、コラーゲンを選ぶ上で重要な判断基準になりますが、まずは『安全』と『品質』の2つを見極める事で、優秀なコラーゲンを見つける事が出来ます。

当サイトでは、以下の項目を特に重要視して、ランキングを行っています。

原料の選定。

最良のコラーゲンを見つける上で、最も重要なのが、原料です。
コラーゲンの原料には、大きく分けて以下の2種類があり、豚や牛などの動物性から抽出する場合と、魚から抽出するコラーゲンがあります。

結論からいえば、魚から抽出する方が、動物性に比べて7倍も吸収力に優れている事が研究で明らかとなっているので、コラーゲンの効果を体感したい方は、必ず魚由来の物を選びましょう。
下記にぞれぞれの特徴を簡単に紹介します。

動物性由来
牛や豚、鶏から抽出するコラーゲンの事です。分子が大きく吸収率が悪い事がいわれています。
また、アレルギー等の安全性が気になるところです。
魚由来(フィッシュコラーゲン)
動物性と比べて、吸収が優れて、安全性も高いのが特徴です。
魚から抽出したコラーゲンは、「フィッシュコラーゲン」とも呼ばれています。

一口にフィッシュコラーゲンといっても、魚のどの「部位」から抽出するかで、品質は大きくかわります。

魚のウロコを原料
多くのメーカーがウロコを原料としたフィッシュコラーゲンを作っています。
ウロコは加工食品で廃棄される物なので、原料調達が安価である特徴があります。
しかしウロコは硬く、不純物も多く含まれているので、「塩酸」などを使い抽出する必要があります。
この処理の際に、「塩酸」の影響で、フィッシュコラーゲンを変質させるといわれています。
魚由来(フィッシュコラーゲン)
皮はウロコと違い原料が高価ですが、不純物が殆どなく、酵素処理で抽出する事が出来ます。
この為、分子を傷つける事なく抽出できるので、高品質なフィッシュコラーゲンを作る事が出来るのです。
コラーゲンの形状選択。

多くのメーカーが、以下の3つの種類の形状でコラーゲンを発売しています。

ドリンクタイプは、一見手軽に毎日摂取しやすそうにみえがちですが、「味」が同じで飽きてしまう事があります。また、人工甘味料や砂糖など、添加物も余計に入っている事が多いようです。

錠剤タイプは、飲み忘れが多く、継続性に問題があります。

粉末タイプは、自分が好きな飲み物に溶かして毎日飽きずに摂取出来る事から、継続性に優れているので、コラーゲンを摂取する場合は粉末タイプが望ましいでしょう。

ペプチド化されたコラーゲンを選ぶ事。

コラーゲンはたんぱく質の一種なので、通常のコラーゲンを摂取しても、一度アミノ酸に分解されてしまい、コラーゲンとしてお肌や骨、血管等にたどり着く事が出来ません。

そこで登場するのが、『ペプチド化されたコラーゲン』なのです。

ペプチド化されたコラーゲンであれば、アミノ酸に分解されずに、コラーゲンとして体内に吸収されやすくなります。
逆に言えば、しっかりと肌へ吸収させたい場合には、ペプチド化されていないと殆ど効果を発揮する事が出来ませんので、注意しましょう。

余計な添加物の有無。

コラーゲンは毎日摂取してこそ、効果を発揮する物なので、当然ですが、人工甘味料や香料など、余計な添加物は安全性の面で避けた方が良いでしょう。

出来れば、国産の物が良い。

ビタミンやミネラル等のサプリメントでは、アメリカ等の欧米諸国の方が先進国で、日本の物よりも優れた物が多い傾向がありますが、コラーゲンについては、日本国産の方が優れている傾向があるようです。

やはり、古来より魚を主食とした日本人だからこそ、魚を扱う技術が優れている事がいえるのでしょう。

コラーゲンの選び方に関する情報サイト。

各社のコラーゲンランキングサイト。
ファンケルやDHCなど、各社からコラーゲンが発売されています。こちらのサイトでは、優秀なコラーゲンの選び方を参考に、実際にランキングを行っています。

スポンサードリンク

サプリメント情報辞典に戻る。

コラーゲンのページ

サプリメントランキングトップに戻る。

Copyright (C) 2009 supplementranking.com. All Rights Reserved.