レシチンの効果

脳や神経組織、肝臓に豊富に含まれているリン脂質と呼ばれる成分のひとつとして、レシチンは細胞膜の主要な構成成分として重要な働きを担っています。

食品では大豆や卵黄に豊富に含まれており、近年は動脈硬化や認知症の予防効果に期待され、サプリメントでもとても人気を集めている栄養素のひとつです。

悪玉コレステロールを低下させます。

年齢を重ねるうちに、コレステロールの値が気になる人が増えていきます。
コレステロールが血液中に多くなると、血液の流れが悪くなり、動脈硬化などの病気を招く原因となります。

レシチンは、レシチンは、血管内にこびりついている悪玉コレステロールを掃除し、動脈硬化を予防する事が出来ます。

集中力や思考力を高めます。

脳内では、神経細胞の間を情報伝達物質が活発に動きながら、記憶や判断などを行っています。
レシチンは、脳内の神経伝達物質(アセチルコリン)を作る時に欠かす事が出来ませんので、しっかりと摂取する事で、記憶力や集中力を高めます。
又、近年では 認知症の予防を行う事にも期待されています。

脂肪肝を改善します。

レシチンは、脂肪の代謝を促進させ、肥満の解消や予防には欠かす事が出来ません。 レシチンが不足すると、コレステロールや中性脂肪の代謝が悪くなる事で、肝臓が脂肪ぶくれになり、脂肪肝を招くリスクを高めます。

レシチンサプリメントの選び方のコツ!

効率よくレシチンを生かすことが出来るサプリメントの選び方のコツを紹介します。

大豆を原料にしたサプリメントを選ぼう。

大豆には豊富にレシチンが含まれているだけでなく、レシチンと相性が良いビタミンEやカルシウム、リノレン酸を含んでいます。
大豆であれば、これらの栄養素を同時に摂取する事が出来、効果的です。

余計な添加物が含まれていない物を選ぼう。

当然ですが、サプリメントは、健康維持の為に摂取するものであり、不健康になる為に摂取するものではありません。
レシチンは、摂取量が多い為、添加物が含まれていると、添加物まで多く摂取してしまう事になります。
まずは、安全性を第一に考え、極力添加物を使用していないサプリメントを選ぶようにしましょう。

上記は、こちらのレシチンサプリメントの選び方を参考にしました。

お奨めのレシチンサプリメント

現在、調査中です。

・本サイトの利用は、「サプリメントランキング」のトップページにある、注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2009 supplementranking.com. All Rights Reserved.